基本情報

妊活サプリの良い成分と悪い成分が丸わかり!本当にベストな妊活サプリはこちら

妊活サプリを選ぶとき、どんな成分が入っているのか気になりますよね。

でも私たちのほとんどは成分表を見てもどれが本当に良い成分で、どれが悪い成分なのかわかりません。

そこでネットの情報に惑わされず、本当に妊活サプリに必要な成分と、そうでない成分をわかりやすくご紹介!

さらに最後には私が厳選したベストな成分バランスの妊活サプリを発表しちゃいます。

妊活サプリに必要な成分

まずは妊活サプリに絶対に必要となる成分とその効果をご説明します。これらの成分が配合されていない妊活サプリは質が悪い妊活サプリとしてバッサリ切っちゃいましょう。

葉酸

まぁこの成分は言わなくてもわかると思いますが、改めて「葉酸」の重要性について簡単に復習してみましょう。

葉酸は胎児の形成・育成に絶対に必要な成分です。血液や細胞などを作る働きがあり、もし不足していた場合は未完全な状態で育ってしまい二分脊椎の原因になります。

ですから厚生労働省が2000年から積極的に妊活中の女性や妊婦さんに葉酸サプリの摂取を呼び掛けているんです。

ビタミンB6&ビタミンB12

妊活サプリや葉酸サプリには必ずと言っていいほど、葉酸とセットでビタミンB6・ビタミンB12が配合されています。

なぜならビタミンB6とビタミンB12は葉酸の吸収率を高めてくれる性質があるからです。

さらにそれぞれにもちゃんと重要な健康効果を持っていて、ビタミンB6はタンパク質からエネルギーを作ったり、皮ふや粘膜の再生を助けてくれます。

そしてビタミンB12は葉酸とともにヘモグロビンの生成を助けて、自律神経を整える効果も持っているんです。

ビタミンC

ビタミンCには様々な効果があり、特に妊活中の女性に必要な効果としては酸化を予防する作用により卵子の質を高めて妊娠の確立を高めてくれます。

また高ストレス作用もあるため、妊活中の周りからのプレッシャーや不安によるストレスに強い体にしてくれるんです。

他にも様々な健康効果をビタミンCは持っているため、妊活サプリに是非欲しい成分となっています。

妊活サプリに不必要な成分

次に妊活サプリに不必要な成分をお伝えします。ちなみにここでの不必要な成分とは摂取するのが好ましくない害のある成分や、無理にサプリメントで摂取しなくてもいい成分のことです。

添加物

添加物の有無は食品の安全性を知る上で誰もが気になるものです。そして妊活サプリにだって添加物が含まれていることがあります。

その代表例としては「香料」、「着色料」、「保存料(防腐剤・酸化剤)」などです。これらの添加物は腸の働きを弱めたり、発がん性を高めたりする危険な添加物となります。

ですから安全な妊活サプリを求めるのなら出来ればこれらの添加物を含む商品は避けるようにしましょう。

信頼のおける妊活サプリにはちゃんと無添加表記がされているので、無添加の妊活サプリを探すのも手です。

鉄分

鉄分は妊娠中に不足しがちで積極的に摂取したい成分です。

しかし、それはあくまで妊娠中であり、妊活中の時からサプリで無理をして摂らなくても日頃の食事からでも十分に摂取することが出来ます。

また鉄分は1日に40㎎(成人女性の場合)を超えると過剰摂取になり、胃や腸に不良をおこし便秘などの副作用を起こすんです。

ですから日ごろの食事をちゃんととっている方でしたら、鉄分の入った妊活サプリを無理に選ぶ必要はありません。

カルシウム

カルシウムも鉄分と同様に妊娠中に必要な成分です。妊婦さんの骨を丈夫にして疲労骨折を防ぐ効果があります。

しかし、カルシウムは乳製品を摂ることで簡単に摂取することができ、妊活サプリに配合されていなくても十分に補うことが可能です。

そして食事での摂取に加えて、サプリメント等で1日に2,500㎎を超える過剰摂取をしてしまうと高カルシウム血症、軟組織の石灰化、高カルシウム尿症、泌尿器系結石といった症状を引き起こす可能性があります。

ですから鉄分同様に妊活サプリで無理に摂取する必要はないんです。

ベストな成分バランスの妊活サプリ【ベジママ】

 妊活サプリ ベジママ
  • 妊活の方に向けた葉酸サプリ
  • ピニトール配合で不妊に対してアプローチ
  • 効果がなければ全額返金(数量限定)
成分 葉酸、ビタミンC、ビタミンB6、ビタミンB12、ピニトール、ルイボス
価格 通常購入:5,500

初回定期購入:2,750

安全性 GMPマーク取得

 最後に妊活サプリの中でも必要な成分のみを配合したベストな成分バランスの商品をおすすめします。

それがこの「ベジママ」です。

葉酸以外の必要成分をバランスよく配合

ベジママには葉酸はもちろんのこと、それ以外の妊活中に必要とされる成分「ビタミンC」「ビタミンB6」「ビタミンB12」がしっかり配合されています。

さらにその他にもベジママ独自の成分として妊活中の女性の体を健康にし、不妊にも効果があるピニトールや、血行を良くして冷え性を改善してくれるルイボスなど女性に嬉しい効果を持った成分が配合されているんです。

無添加で安全に考慮した作り

妊活サプリを選ぶ際は安全性も気になりますよね。

その点でもベジママは優秀で、「香料」、「着色料」、「保存料」といった危険な添加物は使われていません。

また、商品の品質管理も徹底しており、厚生労働省が定める品質基準をクリアした証であるGMPマークも取得しています。

ですから、どんな方でも安心してベジママを利用できるんです。

飲みやすさも好評の秘訣

ベジママは安全性や配合成分だけでなく、飲みやすさにもこだわって作られています。

というのも妊活サプリはどうしても葉酸の独特にニオイがしてしまい、飲むのに抵抗を感じる方が結構いるんです。

また、サプリメントを飲み慣れていない方や妊娠中の方だと粒が大きすぎて飲み込めないという方もいます。

そこでベジママは葉酸のニオイを抑えて、なるべく無味無臭で小さな粒になるように作られているんです。

これによって妊活サプリに抵抗を感じていた人にも手軽に飲めるということで非常に人気があります。

まとめ

妊活サプリはこれから授かるおなかの赤ちゃんのためにも安全の高い商品を選ぶ必要があります。

そのためにも危険な添加物を使っていないことが最低用件であり、また健康成分でも必要いように詰め込まれている妊活サプリも好ましくありません。

大事なのは適切な成分をバランスよく配合していることです。

この点から一番妊活サプリに一番適しているのがベジママになります。もし妊活サプリ選びにお悩みなら、まずベジママを試してみてはいかがでそうか。