おすすめ妊活サプリ

妊活サプリは無添加が一番!絶対に安全な妊活サプリを選ぶならコレ

健康な赤ちゃんを授かり、育てるために妊活サプリを飲むのに添加物まみれの妊活サプリを飲んだら本末転倒です。

それにこれから赤ちゃんを授かる身として、口に入れるものすべての安全性はいつも以上に気になります。

そこでこれなら絶対に安全という妊活サプリをご紹介しましょう。

そもそも添加物って何が危険なの?

私たちは自然と添加物=危険なものという知識が刷り込まれています。

でも実際、妊活中や妊娠中に添加物の入った葉酸サプリを飲むとどう危険なのかわかっていないのが現状です。

そこで改めて添加物の危険性について触れましょう。

発がん性のリスクを高める

添加物の中には発がん性のリスクを高める成分が沢山あります。例えば着色料です。

着色料は見た目を良くして消費者の目を引く目的があり、味や効果に全く関係がありません。

もちろん、妊活サプリにも着色料が用いられている場合だってあります。

そして添加物による発ガン性のリスクはおなかの赤ちゃんにも影響を及ぼす可能性があるので、妊活中の段階から口にするのはなるべく避けるようにしましょう。

喘息持ちの子どもが生まれる

添加物の中には、これから生まれる子供が喘息持ちになる可能性を高めるものがあります。

それが葉酸サプリにもよく使われる防腐剤です。

防腐剤はよく酸化防止剤とセットで使われているのですが、これら2つは化学反応を起こしてベンゼンという成分を発生させ、喘息の原因となったり発がん性を高める危険性を持っています。

つわりを悪化させ、妊娠太りの原因にも

妊活サプリに含まれる葉酸は独特のニオイと味がします。そのため嫌な味を消す目的で甘味料を用いている妊活サプリがあるんです。

しかしこの甘味料もNG添加物の一つ。甘味料には当然糖分が含まれるため妊娠太りを促進するだけでなく、つわりや高血圧を悪化させることにも繋がるので甘味料不使用の妊活サプリを選びましょう。

絶対に安全と言える妊活サプリのポイント

添加物の危険性を詳しく知れたところで、次に安全な妊活サプリを見極めるポイントをご紹介しましょう。

無添加表記の妊活サプリ

当然のことですが無添加の妊活サプリを選ぶに越したことはありません。

ただし、実は無添加というのは本当は曖昧な表現なんです。そもそも添加物の定義すら曖昧で、先ほど危険な添加物をご紹介しましたが、全く無害で商品を作るのに必ず必要な添加物もあります。

ですから危険な添加物を使っていないという意味で無添加の妊活サプリを選ぶようにしましょう。

そのような商品は商品パッケージ、またはHPに無添加表示されているのでご自分でお確かめください。

GMPマークのある妊活サプリ

無添加かどうかを確認するより簡単な安全性の見極め方があります。

それはGMPマークがついているかどうかを確かめるだけです。

GMPマークとは厚生労働省が定めている品質基準をクリアしている健康食品にだけ付けられるマークなので、このマークがあれば無添加か調べる前に安全な商品だと知ることが出来ます。

ちなみに絵柄は手のひらにハートを載せていて上の方にGMPとアルファベットで書かれているのですぐにわかりますよ。

通販の妊活サプリは高品質で安全性が高い

妊活サプリは今や様々なところで多くの種類が売られています。1か月分500円以下のものもあれば、5~7千円のものまで本当に様々です。

そして当然、価格が高くなるほど高品質で安全性も信頼できる妊活サプリと言えます。

その高品質の妊活サプリこそがネット通販でしか購入できない商品なんです。

本当に安全性を求めるのであれば、市販で売られている500円前後の妊活サプリよりも絶対に信頼性のある通販の人気妊活サプリを私はおすすめします。

安全性文句なし!おすすめの妊活サプリ【ベジママ】

 妊活サプリ ベジママ
  • 妊活の方に向けた葉酸サプリ
  • ピニトール配合で不妊にも効果あり
  • 効果がなければ全額返金(数量限定)
成分 葉酸、ビタミンC、ビタミンB6、ビタミンB12、ピニトール、ルイボス
価格 通常購入:5,500

初回定期購入:2,750

安全性 GMPマーク取得

 最後に妊活サプリの中でも特に安全性が高く、人気のある商品をご紹介します。

どの妊活サプリにするかお悩みの方はぜひ一度お試しください。

自社工場で徹底した品質管理により製造

ベジママは原材の生産から商品製造まですべて自社で行っていて、徹底した品質管理によってGMPマークも取得している超安全な妊活サプリです。

他の妊活サプリの原材料は他国で生産しているものもあり、信頼性はハッキリ言ってありません。

それに比べてベジママは自社製造で、しかもGMPマークがついているので安全に対する絶対的に信頼性を持てます。

必要な成分だけを配合

ベジママは他の妊活サプリに良く使われている鉄分・カルシウムをあえて配合していません。

これは決してコストカットなどと言う理由ではなく、本当に妊活中に必要な成分だけを配合してより安全性を高める目的でこうされています。

確かに鉄分やカルシウムは厚生労働省が妊活中だからと言って特別に付加量を設定していなく、食事からでも十分に補充できる栄養素なんです。

ですからベジママは葉酸、ビタミンC、ビタミンB6、ビタミンB12といった最適な成分のみで高い安全性を誇っています。

ピニトール配合の他の妊活サプリにはない強み

ベジママの成分を見るとピニトールという見慣れない成分が入っています。これはいわゆる不妊に効果のある成分なんです。

ピニトールは女性の体内から体を健康にして、活力をアップさせて妊娠の確立を高めてくれます。

さらに近年では不妊の原因である「多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)」に効果があると海外で多く取り上げられており、日本でも不妊治療の薬に使われている大変優秀な成分なのです。

まとめ

妊活サプリを選ぶ際は価格や成分など気になるところは多々あると思いますが、やっぱり何より大事なのは安全性です。

そしてその安全性を左右するのが添加物の有無と言えます。

その点、今回紹介したベジママは無添加なのはもちろんのこと、GMPマークを取得し、成分にもこだわりのある本当に安全で高品質な妊活サプリなんです。

ですからもし安全性を気にして妊活サプリに迷っていらっしゃるのでしたらベジママをぜひおすすめします。